牛乳へのこだわり

POINT

1

ポイント1

「高品質な牛乳」へと
つながる農法

牛舎

のびのび育つ丈夫で健康な牛

雄大な阿蘇山麓に位置するここ菊池市は、昭和二十年代より酪農を始め、今では四百戸の酪農家が二万四千頭の乳牛を飼育する酪農王国です。
吉井牧場はそこで、全国でもわずか数戸という天然の鉱物を使った「シリカ農法」により清潔・無臭に保ち、のびのびと牛を育て、高品質な生乳を生産してきました。そして、この心を込めて作った牛乳を自分たちの手で届けるため、熊本県内で初めて集乳からお届けまで一貫しておこなう直営工場シリカファームを設立しました。飲めば必ず違いがわかる「生乳に最も近いキレのある牛乳」をぜひお確かめください。

牛画像

POINT

2

ポイント2

酪農家が作る「本物の牛乳」

牛乳画像

低温長時間殺菌

日本のほとんどの牛乳が「超高温殺菌処理」ですが、シリカファームでは63℃で30分の低温長時間殺菌処理を行い1本1本丁寧に作っています。また、できる限り自然のままにするために、ノンホモジナイズド処理をしています。
ノンホモジナイズド処理なので、時間が経つと容器の上部に濃厚でなめらかな白いクリーム層ができます。すくって生クリームとして利用できます。

牛乳画像

POINT

3

ポイント3

人の手で丁寧に作る
「安全な牛乳」

加工の様子

飼育・加工・出荷まで人の手で丁寧に
酪農家によるミルクプラント

大自然の中で育まれた吉井牧場の新鮮な生乳は一切外気に触れることなく、牧場直営のミルクプラントへ運ばれその多くを人の手によりつくられます。パスチャライザーという大きな機械で63℃で30分間ゆっくり殺菌します。タンクへ送られた牛乳は重力でゆっくりと流され一本一本充填します。このように、多くの作業を人の手で行っている「低温殺菌牛乳夢みるく」は大量生産にはとても向かない方法です。
しかし、より高い基準の牛乳を厳選してお届けしたいという吉井牧場の理想とする牛乳づくりはここにあります。

充填の様子

シリカファームしすい

こだわりの「シリカ農法」によって育てられた牛のミルクを、自社工場でボトリング。 ノンホモジナイズドのミルクは、静置すれば生クリームができるほどクリーミー。 そんな「夢みるく」を使ったこだわり製品をお届けします。

販売店:有限会社 シリカファームしすい
住所:熊本県菊池市泗水町永845-1
電話:0968-41-5082
メール:order@iスパム防止用ダミーテキストgod.damn.this.is.dummy.text.imilk.com
※ドメイン名@iimilk.comからのメールを受け取れるよう、ご設定ください
サイト:http://www.iimilk.net/

copyright © LaTo Co., Ltd. all rights reserved.